荒川サイクリングロード

今月の特集は「ハイキング&グルメを楽しむ!」です。
ハイキングに適した季節は「サイクリング」にも適しています。

ということで、荒川サイクリングロードを辿って、さいたま市の秋ヶ瀬公園から国営武蔵丘陵森林公園(通称:森林公園)まで走ってきました。(片道約42Km)

デジカメのインターバルタイマー機能を使って撮った画像をつなげて動画にしたものがこちら。

ここで地図を2つご紹介。オリジナルの Google Map と埼玉県発行のロードマップです。

1611b 1611c

 

 

 

 

 

 

続いて経路上のポイントです。

秋ヶ瀬公園: スタート地点です。休日にはここまで車で自転車を運んできているサイクリストが多くみられます。自販機やトイレがあるので都内からの長距離サイクリングでの休憩場所にもなっています。

1611d

見通しの悪いカーブ: スピード注意です。見えないところで魚釣りしているおじさんとかいます。1611map1

 ガタゴトの農道: 仮の自転車道として使っているので、舗装が悪いです。1611map2

一般道1: 一旦一般道にでます。スピード注意! 1611map3

最初の信号: 秋ヶ瀬公園を出て最初の信号がこちら。スタートから約14Km地点1611map4

分岐点: ここで斜路を降ります。真っ直ぐ行くと比企自転車道です。1611map5

さくら堤公園: 1Km 以上続く桜並木です。桜の季節には人が多いので注意。トイレあります。1611map6

吉見運動公園管理事務所: 約20Km 地点。自販機やトイレがありますので、ちょっと休憩するには丁度いいです。1611map7

ゴトゴト道: 一般道脇で、水路の上にコンクリの板(?)を渡しているので、スピードは控えめに。1611map8

森林公園: ゴール(正確には折り返し)地点。かなり広い公園で、総延長17Km のサイクリングコースもあります。

1611e

最後にグルメ要素(?)
サイクリングといえば携行食ですが、個人的にはこの2つと麦茶。1611a塩あめは1つで1時間もちます。(歯と頬の間に入れて、噛んだり舐めたりしない)塩分と糖分の補給になりますし、糖分の保水力で口内が乾くのを防いでくれます。
ようかんは小腹がすいた時用で、途中の休憩で補給します。特にこのうめ味は酸味で後味がさっぱりしているのでお勧めです。   
麦茶はカフェインフリーなので。

荒川サイクリングロードを辿って森林公園に行く事は今年の目標の1つでした。
涼しくなったら行こうと思っていたのですが、今年は涼しい季節を飛ばして寒くなってしまいましたが、この特集をきっかけに行けたので、目標を1つクリアできてよかったです。

コメントは受け付けていません。