中秋の名月

2022年9月23日

9月10日は中秋の名月
ご覧になりましたか?

中秋の名月とは…。
旧暦の8月15日にお月見をする日本の風習のことです。

気になるのが十五夜。
詩にもありますよね。
「うさぎうさぎ なに見てはねる 十五夜お月さん見てはねる」
じゃあ、十五夜ってなに?
実は、中秋の名月と十五夜は同じもの。
十五夜と呼ばれるのは旧暦の8月15日だったためです。

今年の中秋の名月はきれいな満月でした。
ですが、中秋の名月と満月の日付がずれることもあるようです。

十五夜といえば月見団子。
月見団子は満月のように丸く形作ります。
三方にピラミッド状に並べるのが伝統的なお供え方のようです地方によってさまざまな方法があるようです。


お月さまが見える床の間に置くのが正式です。

ですが…。
残念なことに私は「お月見」にお団子を準備したことがなく…。
よく見るイラストや和菓子屋さんの店頭の「お月見団子」でしかお目にかかったことがございません。
白いお団子だけ…。
うーーーん…。
魅力感じない…。

新しい世界No.1は誰の手に。

2022年9月11日

ただいま行われている全米オープンでテニスの世界ランキングに変動がありそうです。現在世界No.1のダニール・メドヴェージェフ(ロシア)選手が4回戦で姿を消してしまったため、昨年の優勝ポイントが消滅し、昨年と比べて1820ポイントが減ることが確定、さらに現在世界ランキング4位のカルロス・アルカラス選手(スペイン)、7位のキャスパー・ルード選手(ノルウェー)のどちらかが世界ランキング1位になることが確定しました。

この二人はさらに全米決勝に進出したため、現在の決勝までの暫定ポイントがアルカラス選手5940ポイント、 ルード選手5850ポイントと3位のナダル選手の5810ポイント(確定)を抜き、どちらもキャリアハイになる2位以上になることも確定しています。

アルカラス選手はこのブログでもなんどもご紹介していますが、将来確実にNo.1になると予想した通り、いや予想よりかなり早くこのペースだと世界一の称号を手に入れそうです。彼はまだ2003年5月5日生まれの19歳。まだハタチにもなっていない青年がこの20年びくともしなかったビッグ4の牙城をたやすくこじ開けていきました。ツアー通算はまだ5勝の選手です。いかに伸び盛りの選手かわかりますよね。このまま優勝すると20歳8ヶ月で世界ランキング1位になったレイトン・ヒューイット選手(オーストラリア)の記録を大幅に更新します。

PERTH, AUSTRALIA – DECEMBER 28: Casper Ruud and Christian Ruud, team captain of Norway pose with the ATP trophy at the State Tennis Centre during a media opportunity ahead of the Perth ATP Cup on December 28, 2019 in Perth, Australia. (Photo by Paul Kane/Getty Images)

かたやキャスパー・ルード選手(ノルウェー)もまだ23歳の青年。父親は元ノルウェーNo.1プロテニスプレーヤーのクリスティアン・ルード選手で幼い頃から父の手ほどきでテニスを始め、ジュニア世界ランキング1位を記録するなど頭角を現しました。彼が現れるまでは父親のクリスティアン・ルード選手がノルウェー人の最高ランク保持者でしたから、彼はノルウェーテニス界の期待の星ともいえるでしょう。ちなみに彼が世界ランク1位になると当然ながらノルウェー人初のテニス世界一の選手となります。日本にもいずれそういう選手が現れて欲しいですね。

いよいよ決勝は日本時間の月曜日午前5時からのスタートです。新世界一をその目で確かめてみてくださいね!

荒川彩湖公園

2022年9月2日

今月の特集は「川辺で憩う!遊ぶ!食べる!」です。
そこで、近場にある荒川彩湖公園に行ってきました。

荒川の河川敷は様々な施設があったりして普通に立ち入れますが、川自体には近づけません。(まあ、あれだけ大きな川なので仕方ないですが)
この公園は荒川の脇にあって、荒川が増水した時などに貯水して、周辺への被害を少なくする目的があります。

彩湖の上流側には、荒川の増水時に水を取り込むための堤があります。(この周辺は立ち入り禁止区域です)

しかしその他の区域は周辺通路から階段を使って、水辺まで降りていく事ができます。

全体に細長い湖なので、途中には対岸へ渡れる橋もあります。(見えにくいですが、あります)

子供が遊べる遊具もあります。

秋ヶ瀬橋から公園に向かう途中には、昭和水門や武蔵野線の高架がありますので、そういうのがお好きな方も楽しめます。

ここのところ雨が多くてあまり涼むという感じではないですが、暑い日にこういった天然エアコンの効いた公園で過ごすと、ちょっと得した気分になれそうです。

これな-んだ?

2022年8月26日

正解は粘着クリーナーのコロコロ。

一見小物入れのような、化粧ポーチのような・・・。
かわいいでしょう♪
知人がプレゼントしてくれました。
彼女の趣味は「カルトナージュ」
先生になれるくらいの実力者です。

カルトナージュとはフランスの伝統工芸
厚紙で作成した箱に布やリボンを貼って仕上げるフランスの伝統工芸。
しかし彼女は、厚紙で作成した箱だけでなくいろいろなグッズをかわいく変身させてくれます。

牛乳パックを使った小引き出し。
ウェットティッシュケース。

メジャーもありました。(メジャーの写真は頂戴したものではなく、ちょっと拝借してきてしまいました(;’∀’))

厚紙で作成した作品には、ペンケースやマスクケース、お薬手帳やパスケースも。

気に入った柄の生地と色とりどりのリボン。
スワロフスキーを使ってちょっとおしゃれ感をプラスしたもの。
身近にある小物の大変身!
次はどんな作品ができるのかな?