‘日常’ カテゴリーのアーカイブ

独断と偏見で選ぶ『一度は飼ってみたいネコ』ベスト3

2017年2月17日 金曜日

みなさん、ネコは好きですか?

私は大好きです。


ということで、今回は、独断と偏見で選ぶ『一度は飼ってみたいネコ』ベスト3を発表してみたいと思います。

ネコ

 


さて、ほとんどいないとは思いますが、念のため「ネコ」を知らない方のために簡単にご説明しましょう。


ネコとは

『~小型哺乳類であるイエネコの通称である。人間によくなつくため、イヌ(犬)と並ぶ代表的なペットとして世界中で広く飼われている。』(wikipediaより)

 

 


では、始めましょう!

独断と偏見で選ぶ『一度は飼ってみたいネコ』ベスト3

 


第3位!
シャム

シャム


ぱっと見の印象もなかなかのものですが、見れば見るほど味が出る。
興味がある方は、画像や動画をチェックしてみてください。
徐々にハマって抜け出せなくなりそうな雰囲気。

 

 

 

 

 

第2位!!
ベンガル

ベンガル


なんと言っても、豹柄!
野生味あふれる感じがまさにハンター。
やっぱりネコ科はこうでないと。

 

 

 

 

 

ここで、約50種以上もあるといわれているネコの種類の中から有名なものをいくつか紹介しましょう!

 

アメリカンショートヘア
人気高し。通称『アメショー』。かなり一般的。

アメリカンショートヘア

 

ペルシャ
鼻低し。あと、ちょっと毛の量が多いかな。

ペルシャ

 

マンチカン
手足短し。個人的には、もっとしなやかな感じが欲しい。

マンチカン

 

ロシアンブルー
黒し。しなやかで美しいですが、もうひとひねり欲しいかな。

ロシアンブルー

 

スフィンクス
毛ほぼナシ。なんだか別の生き物のような気も…。

スフィンクス

 

 

 

さあ、いよいよお待ちかね。

独断と偏見で選ぶ『一度は飼ってみたいネコ』第1位は?

 

第1位!!!
ジャパニーズボブテイル

ジャパニーズボブテイル

 

まあ、結局のところ、日本人にはこのネコでしょ。
特に「三毛」と「日本人」は相性抜群です。
もし、たった1匹だけ選ぶなら、これ1択ですね。

 

 

 


というわけで、独断と偏見で選ぶ『一度は飼ってみたいネコ』ベスト3でした。


みなさんはどのネコがお気に入りですか?

といっても、どれだけこちらがネコに入れ込んでも、ネコの方はこちらを気に入ってくれるとは限りませんが(泣)。

でも、そんな気まぐれなところもネコ好きにはたまらないんですよね(笑)。

ネコ2

 

今年の本屋大賞はどの作品に?

2017年2月10日 金曜日

昨年の昨年11月1日から今年1月3日までの投票によって、今年の本屋大賞のノミネートが出揃いましたね〜

本屋大賞と言えば、最も映像化が多い文学賞とも言われる賞ですよね。その手の権威が選ぶ小難しい賞ではなくて、本屋さんが自分で読んで良かったと思える物に投票しているので、最も間違いない賞だと僕は勝手に思っています。

今年は以下の10作品がノミネートしました。

『i』西加奈子(著)ポプラ社
『暗幕のゲルニカ』原田マハ(著)新潮社
『桜風堂ものがたり』村山早紀(著)PHP研究所
『コーヒーが冷めないうちに』川口俊和(著)サンマーク出版
『コンビニ人間』村田沙耶香(著)文藝春秋
『ツバキ文具店』小川糸(著)幻冬舎
『みかづき』森絵都(著)集英社
『蜜蜂と遠雷』恩田陸(著)幻冬舎
『夜行』森見登美彦(著)小学館

はじめの頃は新人作家にスポットが当たるような『あまり知られていないが、佳作』というような雰囲気の本がノミネートされている印象でしたが、回を重ねるごとに直木賞作家や他の文学賞受賞作家などのそうそうたるメンバーが名をつられるようになって、若干これだと他の文学賞と変わりなくなっちゃうよという印象もなきにしもあらずです。

ただ、結局のところベストセラー作家には人をひきつける実力がそれだけあるということの印で、良作家にハズレ無し!ということが証明されたに過ぎません。過去の受賞作もほとんどが映像化されていますが、その映像化作品もことごとくヒット連発しています。このことからも単に小説として面白いだけでなく、映像化も視野に入れた作品づくり、シナリオ化という賞の色合いも見えてきますね。本屋さんと出版社、映像を作品化する制作サイドももちろん注目のビッグタイトルなんです。

今回はベストセラーで本屋大賞常連の森見登美彦さんの『夜行』も選ばれております。京大出身の森見さんは、いつもの作品のように今回も京都を舞台にすこし不思議な世界を描いています。今までは惜しいところで大賞を逃しています。さて悲願の大賞受賞はなりますでしょうか?

森見さんのお話は読書に抵抗がある方でもとても読みやすい語り口なので、何から読んでいいか分からないという方には、とってもおススメです。不思議な森見ワールドに一気に連れて行ってもらえると思います。

また、芥川賞を受賞した村田沙耶香さんの『コンビニ人間』もノミネート。芥川賞としてはすこし異質なエンターテインメント章句の強い面白い作品です。コンビニで働く30代半ばの女性を描く悲喜こもごものお話。コンビニを世界の中心とした小さな世界で巻き起こる男女の人生模様を描いた作品ですが、芥川賞とのビッグタイトル同時受賞はあるのでしょうか…

個人的にはまだ読んでいないのですが、川口俊和さんの『コーヒーが冷めないうちに』という本が気になっています。最近話題のタイムリープ系のお話なのです。ここに来れば過去に戻れるという不思議なうわさのある喫茶店フニクリフニクラを訪れた4人の女性たちが紡ぐ、家族と、愛と、後悔の物語だそうです。

作者の川口さんは大阪府出身で元劇団音速かたつむり脚本家兼演出家。この作品がデビュー作だそうですが、舞台の脚本家ということはこのお話、そのまま映像化出来るような気がします。そう言った意味でも受賞を期待しておりますので、今からでも遅くない!と思ってこれから読んでみようと思います。

注目の大賞発表は4月11日(火)となっておりますので、みなさんチェックしてみて下さい!

 

母の寂しい独り言

2017年1月27日 金曜日

 あけましておめでとうございます!

とご挨拶するには時間経ちすぎちゃいましたね。
来週はもう2月。
2017年が始まってもう1か月が経ってしまいました。

昨日知人が「東京ドイツ村」に行ってきたと写真を見せてくれました。
イルミネーションがきれい♪


「ドイツ村」ご存知ですか?
このイルミネーションは3月まで開催しているようなのですが…。
行くのが大変と聞いて、行きたいけどどうしよう…。
考えちゃってます。

しかし…。
こちらも千葉にあるのに「東京ドイツ村」
みんな「東京」つけちゃうんだねぇ。

そしてそして、ちょっとどうでも写真。
同僚とイタリアンのお店で新年会。
注文したパスタの具材、海苔とほうれん草。
なんか、人みたい。
これだけで話がかなり盛り上がったのでした!

長男が名古屋に転勤して初めてのお正月。
12月28日から帰省。
1月3日まで滞在予定。

1月3日は夕方の新幹線で名古屋に戻る予定。
新幹線の指定席も確保し、2日までは予定通りだったのが…。

3日の朝、長男起きてきて一言。
「あたま痛い…。」

えっ?
「熱は?」
測ってみると37℃。

様子見るしかないかな。
取敢えず、おとなしくしてもらうことに。

しかし、お昼ころになると…。
「節々が痛い…。」

えっ?
まさかのインフルエンザですか?
熱は?
えっ?
38℃って上がっているじゃないさ!
きっと夕方になるともっと熱が上がって、本当にインフルエンザだったら翌日から出勤どころじゃないし。

すぐに新幹線キャンセル。
38.5℃…
39.1℃…
ますます上昇 ( ゚Д゚)

睡眠時無呼吸症候群という病気のため、シーパップという機械をつけて寝ている長男。
寝ている間、自動的に空気を送り込む装置。
のどが痛い = 扁桃腺が腫れる = 機械が空気を送り込む = ますます扁桃腺が腫れる = 器官が狭くなる = 呼吸ができなくなる
2年前、緊急入院したことを思い出しちゃったし。

週末は3連休。
母、最悪の状態を想定。
水曜日から金曜日まで3日休めば、そのあと3連休が待っている。
9日までに治ってくれたら。

熱、下がってくれるかなぁ。
インフルエンザじゃなければいいなぁ。
扁桃腺腫れなければいいなぁ。

翌日。
長男の背中を触ってみる。
あれっ?
冷たい。
熱が高いとき背中が熱くなっているはずが、冷たい。
熱は?
えっ?
まさかの36℃台!

いやっ!
油断しちゃいかん!
取敢えず受診させてみる。
えっ?
インフルエンザじゃないって?
ただの風邪?

大事にならなくてよかったけど。
長男に聞いてみた。
「ねぇ、名古屋に戻りたくないの?」
答えはyes。
知恵熱ですかっ!

「名古屋の家って誰もいないんだよ。
 ただいまって言っても、誰もお帰りって言ってくれないし。
 電気だってエアコンだってついていないし。」

まぁ、わかる。
わかるけど母は確信した。
26歳男子。
絶対に彼女いないんだろうなぁ。
あーあ…。
母がお嫁さんに会える日はいつになるのでしょうか。

本日は、母の寂しい独り言でした。

 

独断と偏見で選ぶ『美味しい焼き鳥』ベスト3

2017年1月20日 金曜日

明けましておめでとうございます!

 

 

2017年は『酉年』。

ということで、今回は 『酉年』恒例の

「焼き鳥」企画を。

 

yakitori1

 

さて、ほとんどいないとは思いますが、念のため「焼き鳥」を知らない方のために簡単にご説明しましょう。


「焼き鳥」とは、『鶏肉を一口大に切ったものを、串に数個(1個から5個程度)刺し通し、直火焼き(串焼き)して調味したもの』です(wikipediaより)

 

 

では、いってみましょう。

独断と偏見で選ぶ『美味しい焼き鳥(酉)』ベスト3

 

 

第3位!

ねぎま

yakitori2

 

「焼き鳥」といえば「ねぎま」。

「ねぎま」といえば「焼き鳥」。

まさに、「ザ・焼き鳥」「焼き鳥の中の焼き鳥」「焼き鳥キング」。

「ねぎま」に始まり、「ねぎま」に終わる、それが「焼き鳥」。

 

 

 

第2位!!

レバー

yakitori3

 

好きな人は、たまにどうしても食べたくなるんですよね。

でも、嫌いな人は、一切食べない。

この両極端こそ、「レベー」の魅力。

ちなみに、人生初の食中毒、その原因がこの「レバー」でした・・・。

この世のものとは思えないお腹の痛み・・・。

今となっては良い経験です。

 

 

 

ここで、その他の美味しい焼き鳥をご紹介しておきましょう。

 

・つくね

・かわ

・ささみ

・ハツ(心臓)

・ぼんじり(尻の肉)

 

 

もちろん、「焼き鳥」という料理には鳥以外のものも。

 

・各種野菜

・牛肉

・豚肉

・キノコ

 

どれも美味しいんです!

想像するだけでお腹が空きますね。

 

 

 

さあ、いよいよお待ちかね。

 

独断と偏見で選ぶ『美味しい焼き鳥』第1位は?

 

 

第1位!!!

砂肝

yakitori4

 

えっと・・・

まあ・・・

とにかく好きなんです。

なんていうか、やっぱり食感ですかね。

うーん、こればっかりは好みの問題なので・・・。

以上!

 

 

というわけで、

独断と偏見で選ぶ『美味しい焼き鳥』ベスト3

でした。

 

次回は、また次の『酉年』に!

 

yakirtori5

今年もいよいよテニスシーズンがスタート!

2017年1月13日 金曜日

新年あけましておめでとうございます!今年もテニスシーズンが開幕し、我らが日本代表、錦織圭選手も絶好調で初戦から世界4位のワウリンカ選手をストレートで下し決勝進出というスタートを切りましたね!

決勝こそベイビーフェデラーの異名を持つディミトロフ選手に敗れてしまいましたが、今年一年の活躍を期待させてくれるようないい試合でした。最後にメディカルタイムアウトを取っていたのは、臀部の痛みだそうで心配ですね。怪我無く今年も一年活躍してほしいものです。

早速の活躍で、気がついた方も多いかと思いますが錦織選手、この試合からナイキの靴に変わっているんですね。ナイキ者と複数年契約を結んだということですが、通常ナイキ社は1アイテムだけの契約ではなく、アパレル(シャツや靴下なども)すべての契約となるので、とても珍しいです。これはナイキが日本市場のテニス人気を見越しての契約なのでは無いかと、個人的に盛り上がっております。

というわけで、今回はトップ選手のギア事情についていくつか追いかけてみたいと思います。

■トッププロのギア事情

今回は足元のギアに注目したいと思いますが、写真はマレー選手のアンダーアーマーのシューズです。以前はジョコビッチや錦織と同じくアディダスのシューズを履いていましたが、アパレル契約をアンダーアーマーと契約したので、帽子から足元まですべてアンダーアーマーとなっています。昨年はオリンピックなど国が提供するウェアは揃えなければならないので、リオのときだけ久しぶりにアディダスのウェアなマレーも意外でした。

2017シーズンから錦織選手は比較的硬くて重いシューズ(アディバリケード)からナイキのZoom Vapor9.5フライニットという軽く柔らかめのギアにチェンジしています。堅いシューズはかかと部分の横ズレが押さえられるため怪我しにくい反面、やや重みが出てしまいます。ビッグサーバーなど試合時間が短めで終る選手はともかく、3〜4時間の試合はザラという錦織選手にとっていると、足元の軽量化がプラスに働くのではないかと思っています。ただひとつ心配なのは、結果を出したとはいえ、万全で臨んだはずの初戦で臀部に痛みが出たということは、シューズ変更による影響も若干あるのでは無いかという心配もあります。

また錦織選手は2017年シーズンはラケットも変更しているんですね。現行モデルのマイナーチェンジとなりますが、BARNという彼のモデルにカウンターベイルという自転車競技などにも使われる振動抑制の新素材を使ったBRN95CVというラケットにチェンジしています。

「カウンターヴェイル」はNASAの厳しいテストでも立証された驚くべき振動減衰機能素材で特徴としては、ラケットのフレームの剛性と強度を向上させながら振動を止める事が出来ると言う優れもの。振動が来ない分、長時間の試合での疲れが軽減できる上に、剛勢アップでサープなどのパワーアップ、オフスポット時の嫌な衝撃からも守ってくれます。

トップ選手と当たるとどうしても試合時間が長くなってしまう錦織選手にとっては、怪我もしにくくトーナメント後半に疲れを残しにくいギアと言えると思います。

2017年、かつての4強のうちナダル、フェデラーが怪我でランクを落とす中、怪我をしないことで有名なマレー、ジョコビッチが2強時代を迎えております。それに追随するランキング上位の選手の足元はどうでしょうか?調べてみるとこんな感じになりました。

ジョコビッチ:アディバリケード(アディダス)
マレー:アンダーアーマー特注(アンダーアーマー)
ラオニッチ:ニューバランスMC996(ニューバランス)
ワウリンカ:パワークッション・エクリプション(ヨネックス)
錦織圭:Zoom Vapor9.5フライニット(ナイキ)

見事にバラバラですね(笑)以前はトップ選手はジョコビッチ、マレー、錦織もアディダスでその他の選手もかなりアディダス派とフェデラーとナダルはナイキ社の靴という2大メーカーが主流でしたが、プロ選手の中でじわりと人気を博しているのが、日本のアシックスブランド。

代表選手としては凄まじいスピード感でコートを躍動するモンフィス選手です。以前はナイキなどのシューズを履いていましたが、アシックスのゲルレゾリューションというモデルを今は着用。

モンフィス選手は彼独自のグライドという特徴的な動きを持っており、コートを自在に滑るプレーを行います。左右に振られた時の切り返しをスピードが上がりすぎた状態から、シューズを滑らすことで素早く行っていますが強い下半身とバランス感覚がないと出来ないものです。以前、生で観戦した時はハードコートからタイヤの焼けこげたようなにおいがすると会場で話題になっていました。焦げるほど強く負担がかかるものですから、それに見合ったギアが必要となる訳ですね。

アシックス社のシューズと言えば、ランニングでも有名なメーカーですからとにかく軽いことがあげられます。また、ランニングシューズで培った技術で、軽さも伴いながら剛性も実現しています。アシックスシューズはガスケ選手などトップ10に入る選手も愛用してますので、アシックスブランドにも注目ですね。

■アシックス/テニス
http://www.asics.com/jp/ja-jp/tennis

ちなみにアシックスはアパレル展開もしておりまして、日本では変えないグローバルモデルのウェアなども充実しておりますが、これがまたかっこいいんです。全豪でも着用選手がいると思うので、要チェックですね!